【3/5】2012年14号のジャンプ感想(1)


 月刊ヤンマガで漫画もやってる「戦闘破壊学園ダンゲロス」の新キャンペーンが始まってるよー。今はキャラクター募集中。今回はFATEのパク……オマージュ企画みたいです。ちょっと興味のあるご新規さんもお気軽にドウゾー。


ハンター

 なんだこれ。トリコみたいな話になってきたな。グルメ界か……。

 世界樹の頂点はあっさりと消化しましたね。もっと長大な話になるかと思ったのに、一話で終わりかぁー。今回の「架空の観光名所」という作りは富樫先生の発想力というか妄想力が如実に現れていてイイ感じでした。500mまでは観光地で、そっから先はチャレンジの世界。でも、棄権時のレスキュー体制は整えられていて、挑戦前には書類記名が必要、未成年はチャレンジ不可など、まさに妄想力の産物。いや、そもそも、こういったファンタジー設定溢れる樹が「観光名所になっている」という時点で妄想力の賜物か。


「デカイ樹を出したいなぁ~。世界一デカイやつ。それをゴンが登るっていう。……でも、そんだけデカけりゃ観光名所になるよな。観光名所になればみんな登りたがるんじゃなかろうか。となると途中まではエレベーターを付けるよな。でも、それじゃあ単なる観光名所だ。途中からは自力で登ることにしよう。しかし、そうなると途中棄権者も出るよな。そういう人をレスキューする体制は整えられてるんじゃないか? あんまり気軽に利用されても困るからレスキュー料は高額に違いない。……どうやってレスキューを呼ぶんだろう? 首輪に緊急用ボタンを付けるとか?? でも、中には落下の衝撃で両手を骨折してボタン押せずに衰弱するやつも出てくるんだろうなあ……」


 とかまあ、そんなことを考えながらやってるんでしょう、きっと。いろいろ考えてると自然と描写にリアリティが出てくるあたりが、僕がハンターの好きなところなんですが。でもまあ、年間30人が落下死するということは、10日に1度は落ちてきた人の下敷きになる可能性があるわけで、かなり危険な観光名所だとも思うんですよね。そこの対策はどうなってんだろう。

 ところで、ジンは「待ちくたびれたぞ」と言ってるけど、彼はいつからゴンを待っていたんだろう。遠くにゴンの姿が見えてから、慌てて登ったんだろうか。それとも選挙会場から抜けだした後、直ちに登木して、頂上で「くそっ、もっと食うモノ持ってくればよかったぜ、ハラ減った」とか思いながらゴンのことを待っていたんだろうか。

 王墓と仲間の件は、これ、G.I.にも繋がる話ですね。あれもゲーム自体ではなく、ゲーム作りの仲間からジンの素顔が少しだけ明かされたわけで。ということは、G.I.運営班のみんなは「うー、ゲーム作りて~」「オリジナルのネトゲ作りて~」「せっかくだから念を利用して作りて~」っていう人たちだったんですかね(レイザーさん除く)。あの人たち、プロハンターなのに一生をゲーム運営に捧げるのか、大変だなあ、なんて思ってたけど、「今も無償で役員をしながら」と同じようなニュアンスなのかしら。「オレは一生をネトゲ運営に費やすぜ!」っていう気合の入ったゲーマーハンターたち。でも、ジンは一人であちこちプラプラしてることを考えると、ちょっと微妙な気もするけどね!

 最後の、グルメ界的な外部世界設定はこの漫画のインフレ傾向、及びハンターたちのデフレ傾向に歯止めをかけるという意味では良かったような気もします。メルエムとか会長とかの強さインフレに関しては、「外世界にはもっと強いのがいるんだろうな」という予感と打ち消し合い、ハンターたちのデフレに関しては「まあ、小さな世界の中の実力者に過ぎないんだもんな」ということで緩和される……。しかし、こういう世界観になっちゃうと、幻影旅団あたりの存在が霞んじゃうのがちょっと悲しいかな。彼らはスゴイと言っても、大してすごくない小さな世界の中でのスゴさに落ち着いちゃうんだよな。果たしてこの風呂敷の広げ方は良い方向に向くのかどうか。でもまあ、「ハンター」っぽさはより増した気がします。今までハンターっぽいことはなんだかんだであんまりやってなかったもんな。


 しかし、アルカサイドはどうしたもんか……。いろいろ謎のまま、困った点を残したままほっぽり出された感じになってる……。「キルアのお願いなら何でも聞いてくれる」点は今週明文化してしまったし、これの万能性を解決しない限り、かつての緊張感は戻らない気がする。そして、ゾルディック家がキルア、アルカに対し、現状どのような感情を持っているのかもイマイチ伝わってこない。以前よりは関係性も良くなったんだろうけど、それにしてもアルカの有用性は変わらないわけで、イルミの態度も変化したとは思えない。何かもう少し説明がないと納得して終われない雰囲気。あと、アルカの性別問題も結局謎のまま。カルトが連れ戻したい「お兄ちゃん」がキルアなのかアルカなのかも未だに分からない。うーん、冨樫先生、もうちょっと何とかして欲しいですよ……。


スケット

 オチ以外は面白かったんだけど……。オチがあまりにも当たり前過ぎる反応と展開で特に面白がるところがなかったのがなぁ……。いや、ゲスどもが何か良い感じで話をまとめようとしました、っていうオチだってことは分かるんだけど、あんまり面白くない……。相手の娘っ子も実はチェリーが引くくらいのゲス……みたいな感じの方が良かったんじゃないですかねぇ。


ワンピース

 おい、どーしてくれんだ! ビスケットルームをゲスケットルームに空目しちまったじゃねーか!


 それはそれとして本編ですが、子供たちを助けるうんぬんに関しては、これはサンジの言い分の方に理がある気が。隔離病棟だと考えれば、子供たちが親から引き離されたというのも分かる話だし、下手に連れて行くと伝染とかして危険な事態に陥りそうな気はする。マスターの部下たちの重装備も空気感染対策に見えるし(実際は自分たちがガスを主に使うから?)。まあでも、真相としては「病気という名目でここに連れてこられた」ってトコなのか? 「もう病気治った」ということは、体が大きいこと自体は病気とは関係ないのかしら。

 パンクハザードの歴史も大体整理されましたね。海軍が立ち入り禁止にしていることと、炎と氷の極端な気候の違いの関連性がよく分からなかったけれど、それも今回で解決。まず、ベガパンクさんが実験に失敗して毒ガスが発生し、海軍により立ち入り禁止とされ、次に赤犬と青雉がケンカして今の気候になった、ということか。しかし、ロギアってすげーな。いまいち理屈は分かんねーけど、本気でやったら天候まで変わっちゃうのか。しかも二年後まで持続する程に。すげーけど、理屈はさっぱり分かんねーな。


ナルト

 本編に関してはあんまり思うこともないんですが、こないだですね、小説を書いてて、「なんか、こいつら都合良くバッタリ出会ってばっかりだなー」って思ってたんですよ。でも、今週のナルトを見ると、唐突にバッタリってのも演出次第でアリなんかなー、と思いました。あの広い戦場ですごく運良くサスケとイタチが出遭うとか、ありえない確率だとは思うんだけど、漫画で見るとあんまり気にならないね。文章で書くと、「さまよい歩くサスケであったが、その時、ふと樹上を飛び去る影に気付いた。イタチだ――」みたいな感じになっちゃって、ご都合感が加速するんだけど。


トリコ

 エコのり……。なんとも不思議な食い物だ。そもそも、まずそれは海藻(海苔)じゃなくて動物の皮だ。そして、太陽光発電装置に等しい亀の表皮が海苔になる、という発想がさっぱり分からん。何の繋がりもないぞ……。海藻でないだけでなく、太陽光発電と海苔もさっぱり繋がらない……。

 あと、「粗食地帯」と呼ばれてる割には、村長の家で振舞われた大皿が美味そうだと思いました。あれかな、デカイ肉のスライスを見たら気持ちが高ぶっちゃうだけかな。デカイ肉のスライスが食いたいぜ。しかし、「100%大自然からの恵みだけで暮らしてる」人々が、大自然からの恵みを駆使して近代的な文化生活と同じ水準の生活を送っているというのは、なんとも微妙な感じがする……。そりゃガスも水道も電気もなくても、ガスも水道も電気も通ってる生活と同じことができるなら困らないでしょうよ。というか、電気はともかく電球は大自然の賜物じゃねーぞ。


クロガネ

 ヤバイ、城礼高校が面白いww なんだこいつらwww

 まず、番田くんが面白いな。これは新しいキャラクター造形だ。彼はただ単なる足手まといなのにまるで策士の如くに振舞っている。これ、同じ高校の先輩からは、「おい、番田。訳分かんねえこと言ってねえで素振りしろ」とか言われてるんだろうな。これほど実力と実績と態度がちぐはぐなキャラクターは珍しいのではなかろうか。なんか凄そうな雰囲気出してるけど、番田くんって実際は剣道の弱いただのメガネなんだよな……。

 音無くんは特に面白くはないけど、かわいそうな人だよね。普通に静かなところでお昼休憩を過ごしていたら、いきなり次の試合の対戦校に煽られるんだもんな。そりゃあ押しのけてどっか行くよ。音無くんかわいそう。

 大木くんも面白い。この子も休憩中に缶コーヒー買って、「うわっ、思ったより甘いな、これ……」とか思ってたら、次の対戦校の相手がいきなり大木にタックルして、フラフラし始めたから、「何やってんだコイツ」と思った挙句に、「このコーヒー、甘かったらこいつにあげよう」と思って立ち去っていくっていう。しかも直後にそのコーヒーを主人公に捨てられちゃうんだぜ。なんなんだこいつら、面白いぞwww


(追記)

>> クロガネ君たちは勝手にオーダー喋ってましたから、別に番田君が卑怯な手を使って聞き出したわけでもないんですよね。 それどころかオーダー変えたほうがいいとアドバイスまでくれるナイスガイ。(ツイッターより/蒟ΚΙΤさん)

 ……あれ? 番田くんって策士どころか、むしろ自陣営に不利な情報もたらしてるだけなんじゃ。戦力的にも足手まといな上に盤外戦術でも普通に足手まとい……。この子、早めに負けて家に帰りたいだけなんじゃ……。


★宣伝:新キャンペーンも始まったしアッピルしておく。

戦闘破壊学園ダンゲロス (講談社BOX)
架神 恭介
講談社
売り上げランキング: 80287

【過去ログ】

【カテゴリー】

TOPアドレス
当サイトのTOPアドレスは
http://dansyaku.cagami.net/
です。
管理人:かがみ
パンクロッカーで作家。忙しくてもジャンプは読むよ。許斐剛先生を尊敬してます。

好きな漫画:テニスの王子様
好きな映画:テニスの王子様
好きなアニメ:テニスの王子様
【僕の本】

kaiketu_mini.jpg

[NEW!]
ダンゲロス1969
HP / amazon


kaiketu_mini.jpg

怪傑教師列伝ダンゲロス
amazon


bakadark_mini.jpg

戦慄怪奇学園ダンゲロス
amazon


bakadark_mini.jpg

ダンゲロス・ベースボール
amazon


bakadark_mini.jpg

「バカダークファンタジー」としての聖書入門
HP / amazon


jingi_mini.jpg

かわいい☆キリスト教のほん
HP / amazon


jingi_mini.jpg

作ってあげたいコンドームごはん
(amazon


jingi_mini.jpg

仁義なきキリスト教史
HP / amazon



飛行迷宮学園ダンゲロス
HP / amazon



新装版完全パンクマニュアル
HP / amazon



戦闘破壊学園ダンゲロス
HP / amazon



もしリアルパンクロッカーが
仏門に入ったら
HP / amazon



完全教祖マニュアル
HP / amazon



よいこの君主論
HP / amazon



テニスの王子様
[全国大会編]
爆笑・恐怖・激闘
完全記録

HP / 販売サイト



完全恋愛必勝マニュアル
HP / amazon



完全HIPHOPマニュアル
HP/amazon



完全覇道マニュアル
HP/amazon




完全パンクマニュアル
HP/amazon

amazonならびに全国書店にてひっそりと販売中。
【最新のエントリ】


誰でもどこでもLINK FREE!