【9/25】2010年43号のヤングジャンプ感想


 ヤンジャン読んでないんだけど、果たして感想など書けるものなのだろうか……。


華と修羅

 えっ……、ど、どうしよう……。なんか意外と普通の漫画だな……。この作家って「ホストが西洋甲冑を着て馬に乗って現れる」とか聞いてたので、そういう作風かと思ってたんだけど、えっ、なんか、すごく普通の漫画……。

 というか、むしろ作劇の巧さに普通に感心したんだけど。

 いかんせん読むの初めてだから、各自のキャラクター性や相互関係などは想像で補完するしかないんですが、察するに新様は主人公のライバルキャラで嫌な人キャラなんだよね??(最初は主人公は新様でピカレスクロマンかと思ってた)。で、最初の新様の「私の道の障害となる者は排除せねばならん」がミスリードで、ここで読者に「氷野さんに主人公を殺させるのかな?」と思わせておくわけだよね? で、今回の山場である主人公の説教シーンが入って、これであっさり心変わりする氷野さん。この微妙な展開に、「なんだ、氷野さんやる気ねえな」「ご都合主義だな」と読者を一瞬思わせておいて、実は新様が命じたのは氷野の自害だったんだよ!という展開。

 うん、これは普通に巧いと思う。氷野さんの主人公殺害未遂は本人の言うとおり氷野さんの一存であり突発的行動であったわけで、であれば、あの時、主人公の説教で殺害を取りやめたのも、「ご都合主義」というよりは「元々命じられてないことをフラフラした気持ちでやろうとしてたから心が揺らいだ」わけだよね。それなら、これは十分に納得できる範囲。ライバルの新様も、主人公に犯人を見つけられたら困るという面はあったにせよ、自分のプライドゆえに自害を促したという点で、単なる小悪党ではない風格があったと思います。これまでの新様の行状を知らないからアレだけど、今週一話を読む限りでは「嫌なやつだけど、プライドはある」ということで、悪役ライバルキャラとしては好感の持てる作りだと思いました。

 展開自体のミスリードと、キャラクター性の深化、それと登場人物の心情変化の機微まで描けてるので、うん、やっぱ普通に良くできた漫画じゃないかなあ。ちゃんとキャラが活きてる。なんか普通に褒めちゃったぜ。……というわけで、あんまり期待に添えなかったかもしれませんが、次は有無のムーさんに感想バトンをお渡しします。


サラリーマン金太郎

 僕、地味にサラ金好きなんすよ。この漫画にどれだけの業界リアリティがあるのか知らんけど、少なくとも全然内情を知らない部外者が読んで心踊るくらいのウソは描けてると思うんだ。本宮先生はそういった方面のスキルがやたら高いよね。少年アタック切り離しの真意とか、「(どうせやる仕事がないんだから個人技能を高めるために)2年まで海外で遊んで来い」とか、なるほどなーって思ったもん。

 ただ、どうにもリアリティを感じられなかったのが電子書籍かな。電子書籍はこの先どうなるか分からんからなんとも言えんけど、「電子書籍に注力する」という方針は今の時点ではちょっとリアリティ的に厳しいなー。なんというか電子書籍って「成功するかしないかさっぱり分からん」けど「なんだか不安」な分野なんだよね、僕の感覚では。個人的にはぜひ成功して欲しい分野なのだけれど。

 で、ここまで「それっぽいウソ」を吐いておいて、ここで一度、社員のテンションを下げておく(ラストシーン)ってのも、本宮先生の巧いところかと。これだけ頑張って「それっぽいウソ」を書いたんだから、劇中の反応も「ウオォ――」ってしたくなるところを、一旦我慢してる。まあここで簡単にウオォーってなったら、働いてる社会人読者にはリアリティがないだろうからね。ここらへんが青年誌の感覚なのかなー?

 ちなみに将来予想をすると、快童社が盛り上がってきた辺りで、アタック社はたぶん資産を膨らませて帰ってくるんだと思う。


カウンタック

 この漫画、いま一体どうなってるんだろう……。すっかり大人しくなったと聞いてるけど、ちゃんと梅沢節は生きているのかな……。と思って見ていたら、ヨボヨボのジジイがスポーツカーから降りてきて、ああ、梅沢センスだな、と思いました。


ハチワンダイバー

 名前自体は前々から聞いてたけど、読むのは初めてだー。

 で、なんだ、これ……。すごいキチガイ沙汰だ……。将棋と世界がどうのこうの言ってる時点で、「ああ、キチガイだな」と思っていたけど、その後、将棋をしようとしてる相手をいきなり蹴り飛ばしたところで理解がさっぱり振り切られた。え、なんなのこれ?? 一手指すごとに相手を殴るとか、そういう特殊ルールの罷り通ってる世界の話なの?? 今週の一話を読む限りではものすごいキチガイ沙汰に感じられたのだけど、これも毎週読んでればフムフムと読めるものなのだろうか。テニスを途中で読んだ人もきっとこんな気持ちになるに違いない。


キャプテン翼

「そのしっかりした守りを…必ず崩す」


「だからこそ我々は…」


「我々、アール・マドリッドは…」
 
 
 
「"銀河系軍団"と呼ばれているんだ」


 あ、頭がクラクラした……。何を言ってるんだ、高橋先生ェ……。これも毎週読んでれば分かることなの!??


ノノノノ

「優勝出来なければおれたちは――家族を全員殺されてしまうんだ」

 スキージャンプ競技で家族が人質……?? ハチワンダイバーといい、カウンタックといい、YJって意外とキチガイじみた作品が多いんだな……。


B型H系

 朝日の太陽光線に股間を貫かれ、太陽とのまぐわいによって処女喪失した女の子の話かと思って、「こいつぁまた凄まじいキチガイ漫画が現れたもんだぜ」と震えていたら普通に処女喪失したお話で残念この上なし。


★宣伝:一度も読んだことないけど、伝説ばかり聞こえてくる。

夜王 29 (ヤングジャンプコミックス)
夜王 29 (ヤングジャンプコミックス)井上 紀良 倉科 遼

集英社 2010-04-19
売り上げランキング :

おすすめ平均 star
starしょうもないオチ
starハッピーエンド
starハッピーエンド良かった。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【過去ログ】

【カテゴリー】

TOPアドレス
当サイトのTOPアドレスは
http://dansyaku.cagami.net/
です。
管理人:かがみ
パンクロッカーで作家。忙しくてもジャンプは読むよ。許斐剛先生を尊敬してます。

好きな漫画:テニスの王子様
好きな映画:テニスの王子様
好きなアニメ:テニスの王子様
【僕の本】

kaiketu_mini.jpg

[NEW!]
ダンゲロス1969
HP / amazon


kaiketu_mini.jpg

怪傑教師列伝ダンゲロス
amazon


bakadark_mini.jpg

戦慄怪奇学園ダンゲロス
amazon


bakadark_mini.jpg

ダンゲロス・ベースボール
amazon


bakadark_mini.jpg

「バカダークファンタジー」としての聖書入門
HP / amazon


jingi_mini.jpg

かわいい☆キリスト教のほん
HP / amazon


jingi_mini.jpg

作ってあげたいコンドームごはん
(amazon


jingi_mini.jpg

仁義なきキリスト教史
HP / amazon



飛行迷宮学園ダンゲロス
HP / amazon



新装版完全パンクマニュアル
HP / amazon



戦闘破壊学園ダンゲロス
HP / amazon



もしリアルパンクロッカーが
仏門に入ったら
HP / amazon



完全教祖マニュアル
HP / amazon



よいこの君主論
HP / amazon



テニスの王子様
[全国大会編]
爆笑・恐怖・激闘
完全記録

HP / 販売サイト



完全恋愛必勝マニュアル
HP / amazon



完全HIPHOPマニュアル
HP/amazon



完全覇道マニュアル
HP/amazon




完全パンクマニュアル
HP/amazon

amazonならびに全国書店にてひっそりと販売中。
【最新のエントリ】


誰でもどこでもLINK FREE!