【8/14】テニスチャット会(1)「テニスの王子様はギャグ漫画なのか?」


 テニスの王子様同人誌から、テニスチャットの様子をお送りします。(紙面の都合により本誌ではカットした部分も入っています)

※「テニスの王子様同人誌」は夏コミにて販売いたします(8/15(金)東V08b)

《チャット参加者》

マルコさん:「カフェオレライター」管理人
山岸さん:「錬金場」管理人
イン殺さん:「インターネット殺人事件」管理人
リンドウさん:「フタゴ・フラクタ」管理人
いずみのさん:「ピアノ・ファイア」管理人
No.5:「幻想動物現場主義」管理人
かがみ:The 男爵ディーノ管理人


「テニスの王子様はギャグ漫画なのか」

かがみ:昨今、「テニスはギャグ漫画である」と、ことさらにラベリングされる風潮にありますが、その点はいかがでしょうか?
イン殺:テニスのギャグ以外の受容のされ方としてはどのようなものを想定していますか? スポーツ、バトル、恋愛(腐)あたり?
No.5:例えば青春もの、成長ロマン、バトル漫画、スポーツ漫画、ある人にはホラー、ギャグでしょうか。
山岸:ホラーもですか(笑)
No.5:僕は一時期恐怖を感じていたことがあります。
かがみ:そうですね、テニスを読んでて感じる主な感情は、笑い、熱さ、恐怖、だと思っています。
いずみの:ジャンルというのは重なり合っていて当然のものなので、「ウケを取りつつ感動させる」というのはエンタメの常套手段であるという認識がまずぼくにはありますけどね。僕はみんななんでそんなに穿って読むんだろう、みたいなのはあります。戦国武将が群雄割拠、みたいなベタな面白さとか。ジャンプ漫画って「戦国もののノリを別の何かの争いに置き換える」という伝統芸を持ってますし、テニスもその系譜だな、とか。
リンドウ:単純に楽しめる「熱さ」ってのはありますね。変に斜に構えて「ギャグ漫画」とか言わなければ楽しめるのに、という。
No.5:そうですね。一概に言うことは無茶じゃないかと思います。それならシグルイやジョジョだってギャグ漫画になっちゃうよ。
かがみ:うん、シグルイやジョジョは読みながらよく笑う(笑)
いずみの:カッコイイモノや強いもの、常軌を超えたものっていうのは、見ていると自然に笑みがこぼれるものでもあるんですよね。
イン殺:個人的には作者・出版・読者で認識に差があると思ってます。作者と読者のズレの部分がギャグとして認識されるんじゃないかと。ギャグ漫画だと言われてしまう感覚は分かる気がします。
かがみ:そうですか? 少なくとも全国以降はズレてない気がしますけど。もしくは意図的にズラしてる気がする。
リンドウ:そうですね、結構読者の反応は予測してる風に見えます。
No.5:しかし、本家シンクロは許斐先生の計算高さを語る時にいつも枷になるんですが、あれはどうなんでしょうか。計算で生まれるものなんでしょうか?(注:本家シンクロとは大石・菊丸が初めてシンクロした時のもの)
イン殺:先生が狙っている箇所で笑う場合と、狙ってない箇所で笑う場合がありますよね。あと、狙っている箇所なんだけど一周しているところ。
リンドウ:本家シンクロは狙ってない場所でしょうか?。
イン殺:本家シンクロは狙ってないんじゃないでしょうか。
リンドウ:本家シンクロの笑いこそが、No.5さんのいう恐怖を伴う笑いですか?
No.5:そうです。作者の精神を疑うというか、思考パターンを読みたくなる。
かがみ:僕はテニスってシグルイに近い笑いだと思うんですよね。理解できなくて「笑うしかない」っていう笑い。
イン殺:自分は千手観音で恐怖を感じました。爆笑しましたけど。
リンドウ:千手観音はシグルイ系ですね。意味がわからなすぎで「背筋から笑えてくる」というか。
イン殺:ギャグ漫画という解釈はそこから来てるように思えます。
かがみ:本家シンクロが「恐怖から来る笑い」だとすると、ギャグ漫画だと言ってる人は本家シンクロで笑ったのかな? そこはちょっと気になります。
リンドウ:お笑いシンクロの方はよく話題になっていたように思いますが。
No.5:僕は本家シンクロの方が笑ったな。
かがみ:どっちかといえばお笑いシンクロより本家シンクロの方が笑ったかな。
山岸:本家シンクロは全く笑わなかったです僕は。ちょっと目が死んでるのが変だけどすごいわぁ、と普通に見てました。お笑いシンクロにはやられましたけど。
イン殺:同じく、本家シンクロは笑いませんでした。お笑いの方だけ。
リンドウ:私は本家で笑った派ですね。
いずみの:本家シンクロの感じ方は人によるんでしょうね。
かがみ:山岸さんとxxさんが本家シンクロで笑わなかった点が大切な気がしますね。
リンドウ:僕の場合、「笑い」の中にも「嬉しい」って感じが多いように思います。「また許斐先生が妙なこと始めた!」という。
No.5:そういえばシグルイで虎眼先生が二刀流になった時の見開きは、全然笑いどころがないのに笑いましたね。
イン殺:魔神虎眼先生は電車の中で吹きました。あれはまた独特ですね。「その発想はなかったわ」というか。
No.5:シンクロも「その発想はなかったわ」でした。
いずみの:ああでも、「その発想はなかったわ」は、たぶん褒める意味で笑ってる可能性が高いですね。漫画に対しては震え、許斐先生に対しては賞賛として笑う、というのがぼくの反応だと思います。ぼくはヒーローものって常軌を逸したことを真顔でやってこそと考えてるんで、そういうことを「やってくれた」作者には笑いで答えますね。
イン殺:常軌を逸したことを真顔でって、島本和彦の笑い?
かがみ:いや、島本先生は常軌を逸しながらも理性的ですよ。許斐先生は本当に常軌を逸してる気がする。
イン殺:許斐先生も理性的ですよ。少なくとも本人はそう思ってます。
かがみ:いや、それは狂人が皆自分は理性的だと思ってるのと同じ理屈だと思います。許斐先生は自分のルールに従って理性的に書いてても、僕らとの間に隔絶があるんじゃないかな。
イン殺:そのとおりです。だから許斐先生のギャグは怖いし予想できない。


 ***

山岸:あの許斐先生が本気でギャグをやったらどうなるだろう?
イン殺:お笑いテニス、焼肉の王子様は本気のギャグじゃないでしょうか。皆さんは焼肉ってどのくらい笑いました?
かがみ:焼肉は、まあ、そこそこですが、比嘉中脱落のところはクソ笑いましたね。
No.5:焼肉はゲラゲラ笑いました。
リンドウ:焼肉は、僕はかなり今ひとつでした。
かがみ:そういえば比嘉中脱落も本家シンクロと同じで、訳が分からなくて爆笑した覚えがあります。
イン殺:額に肉が乗るところですよね。自分は、あの肉が載るところに読者と許斐先生のズレがある気がします。
かがみ:あれは確かにズレてましたね。「全然意味は分かんないけど、肉が額に乗ったら脱落なんだ!」ってビックリしてました。次の週に「やけどで脱落」って分かって、ちょっとガッカリしたのを覚えてます。
イン殺:あれ、比嘉中が「あちーっ!」って言うコマが一週遅いんですよね。許斐先生はあのコマなしでも通じると思っている気がする。
かがみ:確かに、「あちーっ」があのコマにあれば笑わなかったと思う。
No.5:そこらへんが笑いになったり恐怖になったりですよね>コマなしでも通じる
かがみ:じゃあ、ズレを笑ってる部分はやっぱり存在してるんですね。本家シンクロもその可能性がある、と。


 ***

かがみ:じゃあ、まとめるとテニスの要素としては、
1、狙ってるギャグ
2、狙ってないギャグ(≒ズレ)、それに伴う恐怖
3、内容的な普通のアツさ
 こんな感じになるわけですか。
イン殺:どのくらいの割合なのかは気になりますね。ギャグ派と本気派。
かがみ:「熱い」って人は少ないんじゃないかな。「熱さ」まで辿り着くには少し努力がいると思う。許斐先生はよくも悪くも説明が少なすぎるから。
いずみの:努力か、あるいは元から素直に読むかですね。熱さを感じるのは。
かがみ:でも子供とか素直に読んでも理解できますかね。
いずみの:理解には色々なレイヤーがあって、「子供でも楽しめる」ってのが普通の面白さで、「本当に理解しよう!」っていう面白さは我々のような変人でしか楽しもうとはしない。許斐先生は、誰しも「ついてこれる」とは信じてないと思います。基本的に「わからなければわかんなくてもいいよ。全部わかんなくても楽しませられる自信はあるし」というニヒルさを感じます。


 ***

かがみ:リンドウさん、昔はギャグ漫画ラベリング反対派でしたよね、今はどうですか?
リンドウ:僕自身、「別にジャンル分けに拘る必要はないよ」派ですが、ギャグ漫画とラベリングしてそれで終わり、とか、もっと言えばそのラベリングをしてる人の「僕はわかってますよ」的優越感が嫌いだった、ということです。
いずみの:「俺は許斐剛よりも格上の人間」と言ってるも同然の発言が山ほどあったわけですからね。
リンドウ:でもちょっと前に、あまり漫画を読まない会社の友人がいまして、その人はネットの聞きかじりで「テニス=ギャグ」という認識しかなかったんですが、その人に手塚・真田戦を読ませたらすごい普通に「熱さ」を楽しんでいるようだったので、僕の憑物は落ちましたって感じですね。
いずみの:ぼくやリンドウさん達の違和感の一つとして、「ギャグをメインだと認識するような楽しみ方は、ギャグ以外の読み方に浮気できないのではないか」という所にあるような気もしますね。
リンドウ:さらに言うと、その「読み方」が個人の中で収まってるならそれこそお好きに、ってなもんですが、あまりにも「テニスはギャグ漫画です」的なことが喧伝された時期があったので、それは害悪ではないのかなあ、と。
かがみ:僕は、ギャグメインとして読む読み方にも、「許斐をバカにする」「許斐に楽しませてもらう」の二種類があり、前者はどうなの?ってところの嫌悪感があると思っています。アマゾンレビュ-とかで、「テニスは最高のギャグ漫画です!」って書いてて星1つなのは真剣に理解できない。最高のギャグなら星5つ付けろよ、と(笑)
イン殺:許斐先生のズレは異常性であって稚拙さではないですよね、絵も含めて。そこを混同して稚拙さ = ギャグと捉えるとそういう見方(最高のギャグ漫画だけど星1つ)になってしまう気がします。

テニスの王子様 [全国大会編] 爆笑・恐怖・激闘 完全記録


【過去ログ】

【カテゴリー】

TOPアドレス
当サイトのTOPアドレスは
http://dansyaku.cagami.net/
です。
管理人:かがみ
パンクロッカーで作家。忙しくてもジャンプは読むよ。許斐剛先生を尊敬してます。

好きな漫画:テニスの王子様
好きな映画:テニスの王子様
好きなアニメ:テニスの王子様
【僕の本】

kaiketu_mini.jpg

[NEW!]
ダンゲロス1969
HP / amazon


kaiketu_mini.jpg

怪傑教師列伝ダンゲロス
amazon


bakadark_mini.jpg

戦慄怪奇学園ダンゲロス
amazon


bakadark_mini.jpg

ダンゲロス・ベースボール
amazon


bakadark_mini.jpg

「バカダークファンタジー」としての聖書入門
HP / amazon


jingi_mini.jpg

かわいい☆キリスト教のほん
HP / amazon


jingi_mini.jpg

作ってあげたいコンドームごはん
(amazon


jingi_mini.jpg

仁義なきキリスト教史
HP / amazon



飛行迷宮学園ダンゲロス
HP / amazon



新装版完全パンクマニュアル
HP / amazon



戦闘破壊学園ダンゲロス
HP / amazon



もしリアルパンクロッカーが
仏門に入ったら
HP / amazon



完全教祖マニュアル
HP / amazon



よいこの君主論
HP / amazon



テニスの王子様
[全国大会編]
爆笑・恐怖・激闘
完全記録

HP / 販売サイト



完全恋愛必勝マニュアル
HP / amazon



完全HIPHOPマニュアル
HP/amazon



完全覇道マニュアル
HP/amazon




完全パンクマニュアル
HP/amazon

amazonならびに全国書店にてひっそりと販売中。
【最新のエントリ】


誰でもどこでもLINK FREE!